上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ファミレスに入ったら満席だったので

受付に「ガッツ」とだけ書いておいた。

そしたら10分後に「2名でお待ちのガッツ様ー」と呼ばれた。

ほんと普通に呼ばれたので思わず吹き出してしまった。

その後、店員に「奥の席でもよろしいですか?」と聞かれたので

「OK牧場」と答えたら、今度は店員が鼻水飛ばして吹き出した。

+++
(終)
スポンサーサイト
 
 
旅客機に乗客が乗り込み、フライト予定時刻になった。

しかし、旅客機はしばらくしても出発しようとしなかった。

10分、20分、30分・・・状況がわからないまま時間だけが過ぎていく。

出発予定を1時間過ぎた頃、ようやく機内アナウンスが流れた。

「こちら機長。本機のエンジンにトラブルが見つかりましたので、大変申し訳ございませんが離陸は中止いたします。繰り返します本機のエンジンに・・・」

それを聞いた乗客は、散々待たされたイライラが一気に爆発した

「ふざけるな!」「金返せ!」などと叫び出す人、バックを放り投げ暴れ出す人、操縦室に乗り込もうとする人

キャビンアテンダントは対応に追われ機内は騒然となった

すると混乱する機内に再び機長からアナウンスが入った。




「じゃあ、飛びます」




機内は大パニックになった



 
まず、左上から右下に向かって真っすぐに降下。

そのまま消えていったとみせかけて、突如右上に出現。

その後、同じように左下に降下していくのかと思わせておいて、

ギリギリで急上昇のアクロバット。

そして反り返るように右上に舞い戻り

更に反り返って急降下。

極めつけは、「この勢いならこのまま右下に消えるだろう…」という、

大方の予想を裏切り最後にまさかの一回転!

「おれのパクリじゃん」って高をくくって見ていた 『め』 も

最後の最後で度肝を抜かれたと思う。

ダイナミックだよね、 『ぬ』。



+++
(終)

俺思うんだ・・・。

死ぬ前に小学生の頃を一日でいいから、またやってみたい。

わいわい授業受けて、体育で外で遊んで、学校終わったら夕方までまた遊ぶ。

空き地に夕焼け、金木犀の香り。

家に帰ると、家族が「おかえり~」って迎えてくれて

TV見ながら談笑して、お母さんが晩御飯作ってくれる。

お風呂に入って上がったらみんな映画に夢中になってて

子供なのにさもわかってるように見入ってみたり

でも、全部見終える前に眠くなって、お部屋に戻って布団に入る。

みんなのいる部屋の光が名残惜しいけど、そのうち意識がなくなって…

そのまま死にたい



+++
(終)
 
「わたしを捨てないで!」

とうんこは云った。

肛門は何も云わずにうんこを捨てた。

何か云いたげに肛門はひくつくが

ため息ひとつも出さないで

黙ってうんこを捨てたのだ。

うんこは水たまりに転がった。

未練げに肛門を見上げてる。

水浸しになったうんこは

涙を流していたとしても

それと判別できなかった。

肛門は別れ際の口づけを

白いハンカチで拭う

白いハンカチにはうんこの残した紅の跡

それは水たまりに投げ捨てられた

うんこを覆い隠すように。

そんな悲しい結末を

ちんこは眺めてた。

ふぐりのかげから人知れず

うなだれながら眺めてた。

こんな別れを見るたび

彼は涙を流すのだ。



+++
(終)
TOP / NEXT
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。