上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
車のバッテリーがあがった。

という事は、言わずもがな車は動かない。

車が動かないという事は、その後の打合せに間に合わないという事であり、

その打合せに間に合わないという事は、

その後の予定が全て狂うという事でもある。



つまりは、私の頭を含めて、何もかもがパーになるという事に他ならない。

バッテリーがあがったのは、おそらく私が1時間近く扉を開けっ放しにしてしまった為だろう。

私はホテルにもどり受付の女性(おばちゃん)に助けを求めた。



「あの、すいません。車のバッテリーがあがってしまいまして、ちょっとお車をお借りしたいのですが・・・」

「私バイクなんですよね。それでも大丈夫かしら…」


バイク?

いけるのか?12Vあればいけるのか?というか、

バイクで車のバッテリー復旧なんて聞いた事ねぇぞ。

なにより、何となく、ホントに何となくなんだが、

エンジンから煙が出そうな気がしてならない。

時間的に余裕があれば、やってみる価値はありそうだが今は一刻を争う。

とりあえずは却下だ。



次いで、着いて早々に出て行ってしまったオーナーのポルシェを思い出し、

おばちゃんに聞いたのだが、残念ながら今日は戻ってこないとの事だった。



その後、会社の同僚、先輩、上司、経理にまで電話した。

事の顛末を説明し大至急助けに来てくれないかと、嘆願した。

しかし、結果は全てノーだった。

同僚に関して言えば、「そんな事より、手伝いに来てくれないか」と言われてしまった。

最終手段として事後のお客さんにお願いする、という禁断の一手まで考えたが、それは本末転倒。

そんな事をしたら会社の信頼はガタ落ち、私の首すら飛びかねない。

ぬってりした汗が、背中をなぞるように落ちる。



次の打合せまであと40分。

車でも移動に30分弱はかかる距離だ。

ついさっきまで、丸見えガラスで遊んでいた私はどこへやら、

己の心がガラスのように透けてしまっていた。

車止めに腰掛け頭を抱え込む私。


ん?ちょっと待てよ…

最後に一つだけやって無い事があるじゃないか。

めちゃめちゃ言いづらいが、やらないよりはましだ。

そう、思った私は行動に出た。



そして、10分後…

ラブホテルの入口にあるビニル製の暖簾を掻き分け疾風の如く現れたのは一台の軽自動車だった。

「ブースターは?」

そう言うと、私からブースターを受取り手際よくかつ迅速に復旧作業に取りかかった。

いつも私の世話をやき、事ある毎に私のピンチを救ってくれた人物。

それは私の母だった。

最近めっきり老け込んでしまったが、未だ現役バリバリ歯科衛生助手である我が母親。

息子のピンチと知るや、全ての仕事を投げ打って吹っ飛んで来てくれたのである。

「じゃあエンジンかけるから、車に乗って」

想像して頂きたい。

ラブホテルの駐車場に母(56)と子(30)が二人。

何を話すでもなく、ただ黙々とバッテリーの復旧作業をするという、この構図。

これほどシュールな場面があっただろうか。

きっと、いやだったに違いない。

息子が待つラブホテルになんて行きたくなかったはずだ。

しかし、お母さんは来てくれた。

一人息子の為に。

「運転気をつけなさいよ」

そう言い残すと、母の乗った車は土ぼこりをあげながら帰っていった。

私は、この時ほど彼女を頼もしく思った事はない。

文句も言わず、ただ黙々と作業をする母の後姿を、私は一生忘れないだろう。

なんだこの話。

(終)

スポンサーサイト
 
 
 
ラブホテルの雨漏り調査に来た私は

ホテルの一室に一人だった。

仕事そっちのけで室内を物色し

最後にはきれいにベットメーキングされている

ベッドにダイブしてしまうのだった。




私のすべてを受け入れてくれたベッド。

スベスベした肌触りとふわふわと柔らかい感触が私の体を包んだ。

飛び込んだ時の感触がたまらなく気持ちよかったので

私はその後、何度もベッドにダイブした。

そして、ベッドに顔をうずめ洗剤の香りを堪能していると

扉をノックする音が聞こえた。



「あの、すいません」



ベッドからすぐさま立ち上がり扉を開けると

年配の女性が立っていた。

ベッドメーキングの人だろうか。

女性は窓から駐車場を指差しこう続けた。

「あの車は業者さんのですか?」

見ると私の車が見えた。

運転席のドアが開いている。

全開だった。

それを見た瞬間、血の気がひいた。

ETCカードは差しっぱなし、財布も置いたまま。

その日、振込みとかもありかなりの現金が入っている。

少なくとも10万円はあったはず。



私は、女性に礼を言い急いで車に走った。

向かう途中、よからぬイメージばかりが私の中に渦巻く。

実は、この時ホテルに着いてから、40分以上も経っていたのだ。

ホテルを徘徊し、丸見えガラスで妄想を膨らませ、

ベッドにダイブした。

たったそれだけで40分も経過していたのである。



私は、楽しい時間は想像以上に早く過ぎるという事を完全に見くびっていた。

現に、ものすごく楽しかった。

鼻歌が交じるほどものっそい楽しかった。

しかし、このざまである。


車に着くと、すぐさま財布を探し始めた。

バックをひっくり返す。

他のバックをひっくり返す。

ダッシュボードを開ける。

財布なし。

どこにも財布がない。



ぬっぺりした汗が、噴き出してくる。

ぶっちゃけ涙ぐんでいた。

「落ち着け…落ち着け俺。」

涙をこぼしながらも、自分にそう言い聞かせる。

こういう時こそ冷静にならないといけない。

私は、探す手を止めてしばらく考える事にした。

時系列的に、ここに着いてからここを離れるまでを整理していこう。

そうすれば、何かに気づくかもしれない。




13:15 ホテル到着

13:20 オーナーさんと部屋で打合せ開始

13:30 打ち合わせ終了

13:35 丸見えガラスで遊びはじめる

13:45 部屋を徘徊し始める

14:55 ベッドにダイブ


まさか…

私は、3階の部屋に戻った。

ベッド付近をくまなく探す。

ベッドの下を覗き込む。

するとベッドを通り越し、教壇の足が見えた。

その付近に、黒い塊を発見。

私はその黒い塊を手に取り、そのままへたり込んだ。

「よかったあ」

何とも言えない安堵の感情がこみ上げてくる。

財布はベッドにあった。

正確には私のケツポケットの中にあった。

何度もベッドに飛び込んだ衝撃で、飛び出してしまったのだ。



私は、それを境に再度仕事モードに頭を切り替え雨漏り調査をこなした。

途中、レンタル衣装的なものが入っている箱を発見した時にもの凄くいじりたい衝動にかられたが、

何とか切り抜け無事、雨漏り調査は終了した。



「見積りは後日、FAXさせて頂きますので」


そう受付に伝えると、私は車に乗り込んだ。

次の現場の地図を広げ、エンジンをかける



ジュイジュイジュイ・・・・・・

ドジュイジュイジュイジュイ・・・・・




車のバッテリーが上がっていた。

(つづく)
 
 
 
まさかラブホテルの部屋に黒板と教壇が備え付けてあるとは。

さすがに、オーナーさんには聞けなかったが、

教壇まである事を考えると、おそらくかなり強い需要があるのだろう。

「ここですね」

オーナーさんは天井中央部を指差した。

見ると天井に薄茶色く染みができていた。

私はオーナーさんに天井裏をみたり色々調べなければならないので、

調査に時間がかかることを伝えた。

するとオーナーさんは調査が終わったら声かけてと言って事務所に戻っていった。

私はこみ上げてくる笑いをこらえるのに必死だった。

オーナーさんがエレベーターに乗った事を確認すると

私はいよいよ「ラブホテルに一人」という状況になった。

普通であればありえない状況である。



仕事モードから一瞬でシフトダウンしてしまった私は両手を合わせもみながら、

部屋を徘徊することにした。

もちろん仕事はちゃんとするつもりだったが、

見た事のないホテル設備に対する興味を抑えることはできなかった。

ごめんなさいオーナーさん、ちょっとだけ見せてください。

そう心でつぶやきながら部屋を徘徊し始める。

すると、早速シャワー室の外側に不審なボタンを発見。

押しては駄目だとわかっている。

仕事と関係ない部分は基本的に触れてはいけない決まりだ。

絶対だめ。そう、上司に教え込まれてきたのだ(ポチ)



私が壁のボタンを押すと、鏡面仕上のパネルだとおもっていた壁が、

なんと一瞬で透明なガラスに変わった。

もう一度ボタンを押すとガラスから壁に戻った。こりゃすげー。

ポチポチ連打する度に、曇りガラス→丸見え→曇りガラス→丸見え→っていうね。

無意識のうちに良からぬ妄想が頭をかけめぐる。

すばらしいエロトリックである。



次に目についたのはベット。

ものすごい彫り物がほどこしてあり、バロック調というのか、

北欧系というのかよくわからないのだが見た目超豪華。

綺麗にベッドメイキングされている。

ここでベットにダイブしたい衝動にかられる。

超飛び込みたい。

見るからにフンワリなベットにダイブした。

たぶん一人でラブホテルにいる事なんて一生ないだろうし、

ふっかふかでめっちゃ気持ちよさそうだし、

でももしばれたらめちゃめちゃ恥をかくだろうなぁ。うーん。

旅の恥はかき捨てっていうし、

というか旅じゃなくて仕事だし。

仕事って言っても誰かに監視されているわけじゃないし。

後でもとに戻せばいいし。

私は次の瞬間両手を広げ

鳥になった。

(つづく)

TOP / NEXT
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。