上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
ある夏の日。

私は、ある自販機の前に立っていた。

いや、正確には立ち尽くしてしまっていた。

それはお金がなかったからという訳ではなく、

飲物の選択肢が1つしかなかったからである。

ディスプレイが破壊されており見本の飲み物が抜き取られているのだ。

一つの飲み物以外何が出てくるのかわからない状態だった。

加えて言えばホットが出てくる可能性もある。



唯一の見本である飲み物はアイスココアだった。

渇いた喉を潤すのには、すこし甘すぎる飲み物である。

私はこのアイスココアというヒントから他の4つの飲み物を推測してみる事にした。

まず、確実にわかっている事は向かって一番右がココアであるという事。

そしてココアから左の4商品は何かわからないという事だ。

かなり強引ではあるが、そこから想像できる事は

同じ商品の並列配置である。

言い換えればココアの左も並んでココアと言う事だ。

「?」-「?」-「?」-「ココア」-「ココア」みたいな感じ。

しかしどうだろう。

一般的には同じ商品を2つ並べるのは人気がある飲み物ではないだろうか。

巷でココアが大人気!!とか聞いた事がない。

コーラならまだしもココアが2つ並ぶ可能性は薄いんじゃないだろうか。

とするとココアの左横にはココア以外の何かが来る事になる。

コーヒーなんかはどうだろうか。

ココアと兄弟飲料という位置づけで配置できる気がする。

いや、それも待てよ。

5つしか配置できないのに、そのうちの2つを甘い飲み物にしてしまったら

バランス的に偏ってしまわないか。

自販機の40%が乳飲料という配置はありえるのか。



田んぼの真ん中に位置する自販機を前に一人。

はたから見ると、自販機に話しかける新手の変態かと思われていたかもしれない。

じりじりと日差しが私を照りつけ、喉の渇きをより一層刺激する。

しばらく経ったであろうか。

私は色々考えた末に色々考える事自体が無意味だと悟り、

自分の直感を信じる事にした。

そこで私が出した答えは自販機に向かって一番左のボタンだ。



私は自分の心が揺らがないよう、すぐさまお金を挿入しボタンを押した。

すると自販機はぶっきらぼうに缶を吐きだした。

出たぞ。色々あったがついに飲物が出た。

自販機から出てきた飲物は一体何なのか。

さぁ姿を見せるがいい。



私の喉は、この時点で完全に渇ききっていた。

舌が上あごにくっついて取れないくらい渇ききっていた。

もしこの状態で取り出した飲み物が温かいおしるこだったら、

私は発狂してしまうかもしれない。

自販機を0択にしてしまうかもしれない。

私は意を決し取出口に手を伸ばした。



すると、取り出し口から金属音が聞こえてきた。

おつりか。

ふとボタンを見上げると商品の金額表示はない。

もしかしたら飲物が安かったのかもしれない。

たまに100円の自販機とか見かけるし、中には90円なんていう強烈な自販機もあるからな。

私は探るように返却口に手を入れてみた。

するとそこには10円玉が14枚あった。



なんだと。

おつりが140円。私は自分の目を疑った。

もう一度数えなおしたが、やはり10円が14枚あった。

私は120円を入れた。それは間違いない。

通常単価ならおつりは無いはずだ。

もし仮に商品が100円だったとしてもおつりは20円、

多くても30円が限界だ。

一体どういう事なのか。

私はその後、様々なシチュエーションでこのおつりを考察してみた。



しかし、どうしても計算があわなかった。

当たり前だ。百歩譲って商品が激安だったとしても、

挿入金額より返却金額が多いなんてありえない。

マイナス20円の飲物なんてあるはずがないし、あってはならない。

だとすれば私の手元にある140円は何なのか。

私は思った。

これは罠なんじゃないかと。



どこかの影に赤いヘルメットかぶったおじさんが潜んでいて、

私が140円をねこばばした瞬間にわーって現れる。

とかそんな昔見た懐かしい展開になるんじゃねーかと。

しかし、一般民の私にそんなテレビ的な展開が起こるわけもなく、

取出したおつりを片手にただ時間だけが過ぎていった。

しばらく考えた結果、私は出てきたおつりのうち増加した20円と取り出した缶を、

自販機の横に置きその場をあとにした。

後悔はしていない、

取り出した缶が「粒いっぱいコーンポタージュ」だった事を除いては。


スポンサーサイト
 
 
 
一歩一歩バッターボックスに歩み寄っていく中、

私はチームメイトのマナブ先輩の事を考えていました。

マナブ先輩は、私より1つ年上の先輩です。

練習はかかす事なく参加し、私達と共に汗を流してきた仲間であります。

無口でしたが、ソフトボールに対する情熱には非常に熱いものがありました。

しかし、マナブ先輩はレギュラーではありません、補欠でした。

私とポジションがかぶってしまったからです。

予選を通じてまだ一度も試合に出ていませんでした。



私はバッターボックスへ向かいながら、ベンチの方へ振り返りました。

すると、マナブ先輩が私に向かって声を張り上げています。



「打てるぞぉぉ!!お前なら絶対打てる!!」



いつも無口な先輩だっただけに、余計に声が響く感じがしました。

この試合をマナブ先輩の最期の試合にするわけにいかない。

私は彼の想いに奮い立ちました。

私はマナブ先輩に向かって握りこぶしを突き上げ、バッターボックスに入りました。
 
 
 
狙いは初球。

まず間違いなく様子を見る為に投げてくるであろう外角のはずし球。

そこを狙う。

私は汗ばんだ手を再度ズボンでぬぐい身構えました。

ピッチャー越しに、ゆらゆらと蜃気楼が見えます。

ピッチャーは、ランナーを気にしながらゆっくりとセットポジションに入りました。
 
 
 
静まり返った球場に緊張が走ります。

次の瞬間、大きく弧を描いたピッチャーの腕から第一球目が放たれました。

ピッチャーから勢いよく放たれたボール。

外角の球を予想していた私はベース側に大きく踏み込みました。

しかし私の読みはずれてしまいました。

ピッチャーの投げた球はえぐるように内角をするどくついてきたのです。

「しまった」瞬時にそう思いましたが、すでに動き出していたバットは止まりません。

ボールは、極端に内角寄りです。

いや、内角寄りというよりむしろ、私をめがけて飛んできました。



私は、焦りました。

このままだと球が私の体に直撃してしまいます。

ああ危ない!


ズバンッ!!


激しい音が球場に響きました。

みんなが息をのみます。

ピッチャーから勢いよく投げられた球は、

私の内角をするどくつき、

そして、キャッチャーのミットにおさまることなく

私に当たりました。



球は私のおしりにヒットしました。

桃で例えるとちょうど割れ目の部分です。

はっきり言うとケツメドに直撃しました。

そしてその瞬間、

奇跡が起きたのです。




なんと球が私のお尻にはさまったのです。

桃で例えるとちょうど割れ目の部分です。

私は球をよけようとして、ピッチャーに背中を向けました。

球がお尻に当たったのと、お尻に力を入れたタイミングが見事に合致したのです。

ほんの一瞬の出来事でしたが、ボールは完全にお尻にはさまったのです。

当たった直後、キャッチャーがボールの行方を見失うくらいはさまっていたと思います。



ピッチャーが投げた球は、その日で一番走っていました。

そして私は、割れ目を押さえてベンチに走りだしました。

私は痛みで悶絶しました。

桃で例えると割れ目の部分です。




ベンチを見るとマナブ先輩は体をヒクヒクさせて笑っています。

僕はそんなマナブ先輩を見て

ああ、ソフトボールやっててよかった、と思いました。

私はこのデッドボールでチームを地区優勝に導く事ができました。



残念ながらマナブ先輩はこの後一回も試合に出る事なく引退しましたが

たまに学校で会うと必ずこのデッドボールの話で盛り上がるのです。

 
 
 
小学5年生の時の話。

地区のソフトボールチームに所属していた私は周囲から怪物と呼ばれていました。

理由は、すげー打つから。

そんな私は4番でキャッチャー、

素晴らしい活躍でチームを牽引していたのであります。

その打率6割強。

しかも打席の約半分がホームランというね、

ドカベンか!

みたいな、ヒーローぶりだったわけです。

しかも、体は、超小学生級の曙スタイル。

普通の食事では物足りず、追加で大盛り弁当を食らっていたというね、

ホカ弁か!

みたいな、おかわり少年だったわけであります。

そして、その後は決まって、神々しくも野太いウンコを出していたという

快便か、みたいなお通じだったわけです。もういいよ。

と、ひとしきり皆様の心をグッとつかんだところで本題に入りたいと思います。
 
 
 
「俺、神の子」と言わんばかりの無敵少年は、

いつの日か和製ベーブルースとまで言われるようになっていました。

対戦するチームのほとんどが私の強さに恐れおののき

敬遠を余儀なくされていたのであります。



しかし、ある地域予選決勝で私達のチームは敗北の危機に陥ったのです。

相手は、頭脳派ピッチャーをようするオイネーズ。

私は相次ぐ敬遠により、一度もバットを振れない状態が続いていました

味方打線も、相手のピッチャーが投げるカーブに手をこまねき

6回まで完全に抑えられていたのであります。



そして1点ビハインドまま最終回。

最後の攻撃でチャンスが訪れました。

2アウトながら満塁の状態でバッター俺。

一打でればサヨナラ勝ち、抑えられれば敗戦が決まるという、

スーパーかっこいい見せ場が私に巡ってきたのです。



私は汗でぐしょぐしょになった手をズボンにこすりつけ

空を見上げました。

チームのみんなが俺のバットに期待している。


「…やるっきゃないと」


私は、ゆっくりとバッターボックスに向かいました。


つづく
TOP
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。