上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tekisuto.jpg

・年末企画「除夜のテキスト祭」に参加させて頂いた時に私が投稿したテキストです。




 「窮鼠猫を噛む」



皆様はじめまして、TONARIGUMIの組長と申します。

千葉県は古びたアパートよりお送りしております。

いやぁ、日に日に寒くなってまいりましたね。

地域差はあれど、ヒートテック的なアンダーウェアが手放せないですよね。

あの服考えた人は、すごくえらいと思います。ほんっと暖かくて重宝しとります。



ユニクロ大好きー!!



と、いう事でね。

おそらく、この文章をご覧になっている大半の方が、私の事をご存知でない方だと思います。

何をいきなりユニクロ大好き、なんてワケのわからん事をぬかしてるんだ。

そう、思っていらっしゃる事と思います。



正直ね、緊張しとるんです。



いくら108分の1だからと言って、日々アクセス50前後を行ったり来たりしているような

中小ブログなもんで、何をどうしたらいいものか、ナニをアレしたら何か出てきたっ!!

みたいな緊張感が漂っているわけなんです。

と、言うのも

私は、もともと引っ込み思案な所がありまして、こういった公の場に出るのが非常に苦手。

気の利いた小話の一つでもさせて頂ければ一番良いのでしょうが

もともと自虐的マイナス思考ネタばかり書いております私は、

こういう健全な企画に参加しちゃいけないんじゃないか

そう、思っていたくらいなんです。応募締め切りのギリギリまで。



しかも、

他の参加者に、超有名ブログの名前がずらりとならんでいたらアナタ

そりゃ緊張もするってもんです。

さぁ、困った。

もう、わからない。

わからないって言うか逃げ出したい。

よし、

こうなったら

前年の過去ログを参考にしてみるか。



ふむふむ。

うは、すげぇ。

むぉわっは、そっちか?

ブハw

珍走団て。



いや、なんつーか、これは、無理だ。

みんな、素敵なテキストばかりで、太刀打ちできんわな。

これはあれだ。背に腹はかえられんってやつだ。

反則気味だが、主催者中村さんにメールで相談してみよう。


++++++++++++++++++++++


TO:中村

FROM:組長



お忙しい所すいません。

えぇ、大変申し上げにくいのですが

テキストを書くのに行き詰ってしまいました。


原稿を書こうと躍起になっておりましたが、もう限界です。

こういう場合はどうしたら良いのでしょうか

もしくは、何かいい案はないものでしょうか?

不躾ながらご教授頂ければ幸いと思っております。

宜しくお願い致します



++++++++++++++++++++++



スルーされた




いや、いやいやいや

管理者である中村さんが参加者の問いにスルーするはずはない。

タイムテーブルの構成やら、セッティングやらで忙しいんですよ。

というか、

参加希望出しておきながら

「ネタ下さい」とか、何を今更言ってるんだって話ですよ。えぇ。



「この問題わかる人?」

「はいはいはい!!」

「じゃあ組長くん」

「わかりません!」

みたいな?

ただ目立ちたいだけの、ほら、ワンパク少年的なアレですよ。



ちょ、

ちょっと待って頂きたい。

画面左上の「戻る」ボタンを力強く押すのはもう少し辛抱して頂きたい。

今ね、もの凄いネタ出しますから。えぇ。

行きますよ。

えっと、ほら、アレですよ。

なんだっけ?ほら。

あああ、そうそうそう

この前、お母さんに電話をしまして…





プルルル…プルルル…

ガチャ

「あ、おふくろ?俺だけど」

「何?俺って誰?」

「俺だよ俺、組長」

「…ほんとに組長?」

「ホントだよ。ほら。」

「ほらって何よ?」

「声でわかるだろうに。自分の息子だろ?」

「あんたに言われなくたってわかるわよ…」

「じゃあわかってくれたのね」

「さては、あんた…

オレオレオレ詐欺だね!!ガチャ、プープー…」



オレが一個多った。



ブハwww面白いコレwww

オレオレがオレオレオレでオレが一個多くて

レロレロレロみたいな、ブハw

てか、ネタが古過ぎる

うわったぁ、やっちまった。

やっちまったよ。

ごめん母ちゃん。

ネタに使っておきながらすべっちまったよ。

でもね、



お母さん大好きー!!



と、いう事で、

ご静聴ありがとうございました。

何というか、

この年の瀬に、私の自虐ネタで皆様の気を悪くさせてしまうのもアレだなぁ、という事で

気分がぱぁっと晴れやかになるような、爽やかな自虐ネタを試みましたが

やはり、無理でした。

初めて読んで頂く私のテキストで笑って頂こう、なんて虫がよすぎましたわ。

ただ、

この企画はそもそも「祭り」なわけですから、わっしょい的なノリも必要だと思うんです。

暴走族でいう特攻(ぶっこみ)的なテキストがあってもいいと思うんです。

ですのでコレもアリかな、と。

自分の全てをさらけ出し、思いっきりダダスベるのもアリかな、と

そう、思い立たったわけなのです。

申し訳ない限りです。

ではでは、

この後に登場するネタ系ブログ(特にFC2の精鋭達)に全てを託し、

邪魔者はこの辺で失礼致します

テンションの上げ方を間違えたまま投げっ放しで失礼致します。



最後になりますが

今年も指折り数えてあと僅かです。

思い残しのないよう、笑い残しのないよう

素敵なひと時をお過ごし下さい

それでは、皆様



よいお年 フォーーーーー!!!

切腹ぅぅぅっ!!

ヴォエズヴォァァァァ



【 死 因 】 極度の勘違い、及び説明多過。マザコン。

嗚呼・・・

(終)
スポンサーサイト
 
 
 
「あれは、何て車?」

「あれは、エルグランドでニッサン」

「じゃあ、あれは?」

「あれは、エアウェーブ。ホンダ」

「むこうのあれは?」

「あれは、ムーブ。ダイハツムーブ」

息子よ。

おとうさんより車が詳しくて、すごいな。

メーカーまで完璧じゃないか。

私の息子(3歳)は、おもちゃを通じてではあるが、

車の車種とメーカーをかなり覚えている。

カミさんとガチで口喧嘩を渡り合えるほど口が達者なのである。

私がリビングでお菓子をぽりぽり食べていると

「またお菓子食べてるの?太るよ。熊さんみたいになっちゃうよ。」

と、こうである。

痛いところをついてきやがるのだ。

そんな口が達者な彼だが、未だにオムツボーイ。

3歳4ヶ月になってもなお自分でおしっこをする事ができないのだ。

そのくせ買い物に行くと「おむつがなかったよ。ドレミのおむつ。」

と、こんな事を言いやがるのある。

そんな心配をしているくらいなら、というかそんなに口が達者ならおしっこを教えなさい。

子供に指摘されてもお菓子がやめられない父は、そう思うのである。
TOP
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。