上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いいか坊主よく聞けよ。ある山奥にな、ジャックという男が住んでいたんだ。ジャックには家族がいなくてな、一人っきりで山小屋に暮らしていたんだ。広い土地に一面かぼちゃ畑を作ってな、それを売って生計を立てていたんだ。


ジャックが作るかぼちゃは一級品でな。どれも大きくて実がいっぱい詰まっていた。ほっぺたが落ちるほどうまいと評判だったんだ。しかし、ジャックは極度の人嫌いでな、村に住もうとはしなかったんだよ。かぼちゃを売る時に村に下りてくるんだが、その時以外は全く村人と話そうとしなかったんだ。そんなんでジャックはいつも一人だった。村人もそんなジャックを変人扱いしていたんだ。


で、ある時な。村の若い連中がジャックをからかいに行ったんだ。5人くらいだったかな。変人ジャックは山から出てけってな。家に石を投げたりジャックが大切に育てていたかぼちゃの畑を荒らしたりしてな。結構派手に暴れたんだ。どうなったと思う?


5人ともジャックにやられちまったんだ。体中傷だらけにされてな、夜中に泣きながら村に帰ってきてたんだ。全員素っ裸で手も縛られていた。村人達は驚いたさ。だってジャックは70過ぎた爺さんだったんだぞ。そんな年老いた爺さんが働き盛りの若い衆5人を手玉に取っちまったんだからな。化け物だよ。それ以降村人はジャックの事を馬鹿にする事はなくなったんだ。」


「その後、ジャックはどうなったの?」


「ジャックは、その事件があってから人が変わってしまったんだ。それまでは人嫌いの無口な爺さんってだけで周囲に迷惑をかける事はなかったんだが、自慢のかぼちゃ畑を荒らされたのがよほど気に入らなかったのかジャックは村を襲うようになったんだ。毎年秋の収穫時期になると村に下りてきて斧で家畜を殺したり畑を荒らしたり。最悪は村人にまで手をかけるようになったんだ。


ジャックは村人が寝静まった夜にやってきた。たいまつを片手に意味不明な言葉を叫びながら斧を振り回すんだ。そしてジャックは村を襲う時必ずかぼちゃの仮面をかぶっていた。人の顔のように目や口をくり貫いてあってな、それを頭にかぶって人を襲うんだ。」


「かぼちゃの仮面って…もしかして」


「そう、わしらの事だ。まあ、正確にはわしらの祖先にあたるのかな。今は仮面としてではなく収穫祭を彩るランタンとでしか使われないからな。」


「じゃあ、ジャックがぼくらを作ったって事?」


「さあ、どうだろうな」


「ねぇ教えてよおじいちゃん」


jack-o-rantern.jpg


+++
(終)


■テーマ:ハロウィン(コミュニティ企画記事)
■同企画参加記事
   ・ハラキリロマン「ハロウィン
   ・お笑い日記 YouTube日和「ハロウィン」「日本のハロウィン」「カボチャとパンプキン
   ・想像妊娠3ヶ月「ハロウィン
   ・ムーの部屋「男性の多くが悩む選択
   ・週間少年ヅャンプ「(´U`*)←男性器
   ・リラックスビューティー♪「☆ハロウィーン」←詳しいジャッコランタンのお話
   ・弾眼想児「かの有名なハロウィン?
   ・へびいちごって食べ物ですか?「はろいん」←ハンドメイドジャッコランタン
   ・日記10000本ブログ、まあまあそんな事言わずにvol.1「ボケましょうハロウィンパーティ用記事「ハロウィン検定」」
スポンサーサイト
eki.jpg
 
 
 
「じゃあ問題な。答えられなかったら死ぬ事な。」


「はいはい。」


「新幹線は男と女どちらでしょうか?」


「なぞなぞかい?」


「うん」


「ええ、わかんないなぁ。女?」


「ぶっぶー。正解は男でした。」


「なんでよ?」


「駅(液)を飛ばすから」


「わかってないね。お前は」
  
  
 
記憶の中ですら息苦しい、そんな思い出がある。

はっきりと覚えているわけではない。

なのにその事を思い出そうとするだけで呼吸が詰まる。

口が乾き胸が締め付けられる。苦しい。

死ぬのか。このまま死んでしまうのか。



不安に苛まれ病院へ行くと、白髪混じりの先生から

「残念ですが余命45年です」と言われた。

余命45年。

先生が放ったその言葉は鉄の塊となり私の額にぶつかった。

馬鹿な。そんなに長い余命があるものか。

先生は私の目を見つめながらガシガシと頭をかいた。

すると無数のふけが飛び散った。

汚い。床は先生のふけだらけだ。

「残念ですが、余命45年です。残念ですが…」

先生は壊れたテープレコーダーのようにその言葉を投げかけ続けた。

その度に言葉が鉄の塊となり私の体にぶつかった。



私はすべるように椅子から転げおち、激しく震えた。寒い。寒い。

先生はカルテ眺めながらガシガシ、ガシガシ頭をやっている。

しばらくすると先生の背後に立っていた看護婦が先生の椅子を回し始めた。

いつもの事なのか、先生はくるくる回りながら私に病状の説明を始めた。



看護婦は慣れた手つきで、時折「はっ」「ほっ」などと調子をつけながらと椅子を回転させた。

先生が回る度に声が大きくなったり小さくなったりする。良く聞き取れない。

何を言っているのだろう。お経のようにも思える。

先生はくるくる回りながら頭をかき続けた。

私は笑いながら天井を見上た。



床に寝転びながら天井を見上げると無数のふけが見えた。

回転する先生の頭からは次々とふけが散布され続けている。

まるでスプリンクラーのようだ。

ふけは落ちるのを嫌がっているかのように宙を漂っている。

はらはら、はらはら、ふけが舞う。

ふけ…いやこれは雪だ。



よく見るとふけではなく雪。

診察室は一面雪化粧。真っ白だ。

嗚呼…なんて綺麗なんだ。

一片の雪が私の頬で優しく融け落ちた。

遠くでタモリの声が聞こえる。

「明日もまた見てくれるかなー!」

その瞬間、私は昼寝から目覚めるのであった。
TOP / NEXT
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。