上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
「そっちの状態はどう?」

「はい特に変わりはありません」

「そう…よかった」

「お嬢様の方は、お体大丈夫ですか?」

「ええ、大丈夫よ」

「そうですか、顔色があまり優れないように見えたので」

「ありがとう。ちょっと寂しくなってるだけ」

「早く戻れるといいですね」

「そうね」

「その後、何か手がかりは見つかりましたか?」

「…」

「…そうですか」

「でも必ずお父様を探し出してみせるわ」

「あの、お嬢様…」

「ん?」

「一旦こちらに戻られてはいかがですか」

「どうして?」

「お疲れのご様子ですし私が代わりに外に出て…」

「だめよ。あなたがここからいなくなったら騒ぎになるわ」

「ですが、ほとんど休みなく動かれてますし、そろそろ海水を体に入れないと」

「…」

「本当にお嬢様の事が心配なんです。もしお嬢様の身に何かあったらと思うと…」
 

「シロクマ…」




sikuojo.jpg

スポンサーサイト
jb.jpg


 
女の一生は球技のボールに譬えることができる



18歳、女はサッカーボール
22人の男が彼女を追いかける


28歳、女はホッケーのパック
8人の男が彼女を追いかける


38歳、女はピンポンの球
2人の男が彼女を押し付け合う


48歳、女はゴルフ ボール
1人の男が彼女の後をトボトボついて歩く


58歳、女はドッヂボール
みんなが彼女を避けようとする


90歳、女はボーリング
みんなは静かにその姿を見送り、残した数字の大小に一喜一憂する



+++
(終)
 
先輩!

ちょっと聞いてくださいよ

今ですね、訓練を受けてきたんですけど

ほんと、頭にきちゃう事がありまして

むかつくって言うんですか?

なんかもうやってらんないって

そんな風に思っちゃったんですよ。



ぼくはこれでも一生懸命やってるつもりなんです。

すごく真剣にやってるんです。

まだまだ未熟ですけど、それはもう真面目に

主人の指示に従っているつもりなんです。

それをですよ。

めちゃめちゃ頑張ってる僕を見て



笑うってどういう事なんですか?



そりゃ我慢できなくてフライングしちゃう時もまだありますよ。

ありますけど

待てって言われれば、待てるようになりましたし

よし、って言われるまでご飯には手をつけません。

勢いあまって頭をぶつける事も多々ありますけど

じゃらし訓練も真面目にやってます

いい具合にふぁっさーって飛びつけます。

でも、



そんな僕を見て主人が笑うんです。



何がそんなにおかしいのって

あ~あ…



先輩、どう思います?



dc.jpg


ちょっと重い…かな
 
TOP / NEXT
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。