サキちゃんのママは重い病気と闘っていた。
彼女は自分の死期を悟るとパパを枕元に呼んだ。
この時、サキちゃんはまだ2歳。


「あなた、サキのためにビデオを3本残します。
  このビデオの1本目は、サキの3歳の誕生日に。
  2本目は小学校の入学式に。
  そして3本目は…○○○の日に見せてあげてください」



まもなく、サキちゃんのママは天国へと旅立った。
そして、サキちゃんの3歳の誕生日。1本目のビデオがかけられた。
(ビデオからつないだテレビ画面に、病室のママが映し出される)


「サキちゃん、お誕生日おめでとう。ママ、うれしいなぁ。
 でもママはね、テレビの中に引っ越したの。だから、こうやってしか会えない。
 パパの言うことをよく聞いて、おりこうさんでいてね。だったら、ママ、また会いに来ます」



サキちゃんの小学校入学の日。2本目のビデオ。


「サキちゃん、大きくなったネ。おめでとう……。ママ、うれしいな。どんなにこの日を待っていたか。
 サキちゃん、ちゃんと聞いてね。
 ママが今住んでいるところは、天国なの。だから、もう会えない。
 でもね、パパのお手伝いがちゃんとできたら、ママ、もう一回だけ、会いに来ます。
 じゃあ、魔法をかけるよ。 エイッ!
 ほうら、サキちゃんは料理や洗濯ができるようになりました」



そして3本目のビデオ。そのタイトルは、こう書いてあった。
『新しいママが来た日のサキちゃんに』
サキちゃんが10歳の時、パパは再婚し、新しいママが来た。
3人いっしょに、3本目のビデオを見つめた。
なつかしいママの顔が映し出された。



「サキちゃん、おうちの仕事、がんばったね。えらかったね。
 でも、もう大丈夫。新しいママが来たんだから。
 ……
 サキちゃん。今日で本当にお別れです。
 ……
 サキちゃん、今、身長はどれくらい?ママには見えない。
 (泣き崩れ、カメラを抱え込む姿が映る)
 ママ、もっと生きたい…。
 あなたのために、おいしいものいっぱいつくってあげたい…。
 あなたの成長を見つめていたい…。
 じゃあ、サキちゃん、これがママの最後の魔法です。
 それは、『ママを忘れる魔法』です。
 ママを忘れて、パパと、新しいママと、楽しい暮らしをつくってください。
 では、魔法をかけます。1、2、3、ハイッ!」




そこでビデオは終わった。
しかし、サキちゃんに、この魔法は効かなかった。
パパと、新しいママにも効かなかった。
ママは、みんなの心の中に、ちゃんと残っていた。

そして今度は、サキちゃんが主役の4本目のビデオがつくられたのだった。
天国のママに見てもらうために


+++
(終)
ky.jpg

 
ある日、夜中に目が覚めたんだよ・・

ふと見ると枕元に長髪の女の子の霊がいたんだけども、

眼孔が黒く落ち窪んでて、凄い憎憎しげに睨んできてるんだよね。

んで、可愛い声で口をニヤリとさせて「死ね・・・・死ね・・・」とつぶやき続けてるの。

確かに目が真っ黒でキモ怖かったけど、

寝ぼけてたのもあって、思わず彼女の腕を掴んでしまったのよ俺。

すると、彼女は「きゃ、な・・何するの・・!」と思いっきり慌ててさ、

その瞬間に目も可愛らしいちゃんとした目に変わったわけ。

その顔が凄く可愛くてさ。

寝ぼけてたのもあって思わず「か、かわいい・・」と呟いたんだよ。

その瞬間だよ。いきなりグーパンチ。

幽霊にグーパンチされたのって俺くらいじゃないか?

一瞬で眠気が覚めた俺に、白磁のように白い肌を朱に染めて、

「し、死ね!死んじゃえっ・・!」と叫んで消えちゃった。

それで終わりかと思ったんだけど、次の晩も俺の枕元に座っている。

「死ねぇ・・死ねぇ・・」ってね。

んで俺が「全然怖くないんだけど」っていうとプンプン怒って殴ってくるのよ。

そこで俺が「そんなに可愛い顔を怖がれるかよw」って言うと、

とたんに「な・・・・っ!」って顔が真っ赤になって硬直するんだよ。まじ可愛い。

その日はそのまま逃げるように帰ったんだけど、それからも毎晩彼女は現れた。

寝たふりをしてると、俺の頬を突ついてつまらなさそうにしたり、

しれっと布団に入って来ようとするんだけど、

俺が「何やってんの?」と急に起きた時の慌てようと言ったら。

何か自分は低体温だから凍え死なせる為だとか、

何だかんだと言い訳が良く出て来るもんだ。

結局最後は俺が「しゃあねぇな。じゃあ入れよ」って言って布団を開けると、

一瞬うれしそうな顔を浮かべた直後、「し、仕方ないわねっ・・!」とむくれ顔。

で、なんだかんだで、寝つく頃には布団の中で俺の胸にしっかりしがみついて来てます。

マジで可愛すぎますこの子。

+++
(終)
 
闇に身を潜め

耳を研ぎ澄ます

ここまで緊張感のある仕事もそうないだろう

空気と同調する、と言ったら幾分言い過ぎのような気もするが

相手に己の存在を察知されてしまったら全ては水泡と化す

息を殺し、じっとその時を待つのだ

結果が全て

失敗は許されない

速過ぎても遅過ぎても駄目

ここぞ、というタイミングで仕掛けなければ

すべってしまうから






fd.jpg
TOP
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO