上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私は、お昼にお弁当を買って食べる事が多い。

そのほとんどがコンビニ弁当なのだが、そことは別に

週に一回必ず利用している「お弁当屋さん」がある。

かれこれ1年くらい通っている。

そのお弁当屋さんは、チェーン店でもなければ行列ができるような人気店でもない。

逆にちょっと小汚い感じすらある個人経営のお店である。





私はそのお弁当屋さんで必ず「から揚げ弁当」を頼んでいる。

から揚げは、ジューシーな鶏肉にカリカリでサクサクのころも。

その脇にはポテトサラダにスライストマトなどが添えてある。

至ってノーマルなカラ揚げ弁当ではあるが、味を知っている私は、

この記事を書いているだけでよだれがジュルリとなってしまう。

本当においしいお弁当なのである。




このお弁当屋さんは、主に2人できりもりしている。

一人は全ての弁当を作っている店長さん。

そしてもう一人は、レジ係の金さん、

この話の主役である。




「いらしゃいませ!」

中国出身の金さんは、私が店内に入るとちょっと違和感のあるイントネーションで挨拶してくれる。

そして、お客が私だとわかると「はい。からあげ弁当いっちょうね」と、

何も言わなくてもから揚げ弁当を準備してくれるのだ。

注文が非常に楽だ。「はい」と言うだけで良い。

1年間ずっと同じ弁当を注文し続けた結果、私が何を頼むか覚えてくれたのだ。




金 「きょうもあついねぇ!」

私 「そうですね。何か30度超えるみたいですよ。」

金 「まぁわたしみせいるからすじゅしい(涼しい)けどね!」

二人「ははは」




独特なイントネーションはあるものの日本語はほぼ完璧に近い金さん。

ただ会計を済ませるだけでなく、こんな冗談まで私にサービスしてくれる。

毎回ではないが、こんな感じで話しかけてくれるのも客として嬉しいものだ。

そして会計が済むと決まって

「ありがとうございました!おしごとがんばってください!」

と、言ってくれるのだ。

愛想と言ってしまえばそれまでだが、マニュアルなどありそうもないこの店で

ここまでは客に気遣える店員がいるだろうか。

私がこのお店を気に入っているのは、から揚げ弁当がおいしいからという理由だけではないのである。




ある日の事。

いつものように弁当を買いにきた私。すると、金さんの様子がいつもと違っていた。

「いらしゃいませ」のテンションが低い。

なんだろう、いつもの突き抜ける明るさがない気がする。

なんかあったのだろうか、非常に気になったのだが、

何となくプライベートな話のような気がして特に話しかけたりする事はしなかった。




次の週。

私がお店に入ると金さんの明るく元気な声が店内に響いた。

私は先週の事が頭の片隅にあったので何となくほっとした気持ちになった。

先週は調子が悪かったかなんかだったんだろう、

そんな事を思いながら店の奥にあるお茶を取りレジに向かった。

しかし、金さんは弁当をつめている間、不意にこんな話を切り出してきた。




「わたしちゅごくにかえるようになったんです。」




あまりに突然の話だった。

私はこの突飛な展開に一瞬混乱した。先週テンションが低かったのはこのせいだったのか。

金さんに話を聞くと中国に帰るのは本当らしかった。

ただ中国に帰る理由についてははっきりとは教えてもらえなかった。

言いづらい事だというのは察しがついた。





「寂しくなりますね。」私がそう言うと、

金さんは何ともいえない表情で「へへ」と笑った。

そして、私は金さんからお弁当を受け取ったあと

「ありがとう」とだけ言い残し店をあとにした。

店を出た後、ちょっと気になり後ろを振り向くと、金さんと目が合った。

私は笑いながら会釈した。

それを見た金さんは笑いながら少し大きめにお辞儀をしてくれた。




これが金さんと私との最後である。

今考えるとちょっと素っ気無かったかなぁと思う。

至極平静を装っていた私であったが、内心はすごく寂しかったし

もっと色々話たい事もたくさんあった。

「また会えるといいですね」くらいは最低でも金さんに伝えておきたかった。

でもそれができなかった。

私は「あくまで客と弁当屋」みたいに境界線を引いてしまっていたのだ。

人間が小さい男である。

金さんに伝えられなかった事が非常に心残りだが、

また会えたらいいなぁ、と心から思っている。




金さんが中国に帰国してから、3ヶ月が経った。

金さんは今何をやっているのだろうか。

中国でも弁当屋をやっていたりするのだろうか。

もしそうならこれほど嬉しい事はない。

仮に違う仕事をしているにしても、金さんの人柄なら大丈夫。

きっとうまくやっているに違いない。




「いらしゃいませ!からあげ弁当いっちょうね!」




彼がいなくなってからも、このお店に入る度に

金さんの元気で明るい声が聞こえてくるような、そんな気がしてならない。



スポンサーサイト




その日、私は仕事で東京にいた。

得意先での打ち合わせを早めに済ませ、原宿も竹下通りに向かっていた。

久しぶりの東京に浮かれていた私は、スキップしそうなほどテンションが高かったのだが、

そこは36才2児のパパ、分別のある大人である。

半笑いで早歩きくらいにとどめておいた。




その日の竹下通りは平日だというのに、人でごったがえしていた。

さすが若者の街「原宿」である。

道行く人の9割が10代の若者であった。

しかも千葉で散見するジャージにヘルメットでママチャリ的な若者は皆無、

街はものすごくお洒落な若者で溢れ返っていた。




ソフトではなく、ハードの方のモヒカンの人や、

椎茸の裏っ側みたいなスカートをはいた人。

そんな人達が普通に歩いている。

仕事以外では、ほぼ毎日ユニクロを着用している私である。

歌舞伎スタイルとも言える最先端ファッションは非常に新鮮だった。





今回私が原宿に寄った目的は、子供にお土産を買う事であった。

作業着姿の私はなるべく目立たないように、それらしき店を探した。

そして、通りの中ほどまで行ったあたりで、

おそらく女子が好んで入りそうなかわいらしい雑貨屋を発見した。

道に溢れんばかり商品群。カラフルな色彩。

おもちゃや小物類がきれいにディスプレイされていた。




中でも店の奥に飾られた「子分」という文字がバックプリントされたTシャツが良さそうだった。

きっと息子が着たらめちゃくちゃかわいいに違いない。

あのTシャツを着て私の後をテクテクついくる息子の姿を想像しただけでニヤニヤが止まらなかった。

私は吸い寄せられるようにその店に入っていった。





そして店内にいた女子群から汚物を見るような視線をビシビシと浴びながら

私は目当てであるTシャツエリアにたどり着いた。

お目当てのTシャツを手に取ってみる。やはり可愛らしい。

3色あるカラーバリエーションの中でも、濃紺に白字で「子分」と書かれているタイプが気に入った。

文字の感じが毛筆っぽいのも私好み。

あとはサイズを確認して会計を済ませるだけだ。

私は、レジの店員さんにサイズを聞いてみる事にした。






私 「あの、すいません」

店員 「はい」

私 「このTシャツのサイズ゙を教えてもらいたいんですが」

店員 「いいですよ」

私 「この子供服なんですけど、95のサイズってあります?」

そう言って店員さんにTシャツを手渡すと、

予想だにしない言葉が返ってきた




「これ犬用なんですけど。」




全てが終わりをつげた瞬間だった。

店員さんをはじめ、会計で並んでいた女子達もみんな笑っていた。

恥ずかしい、いや、超恥ずかしかった。




店員 「一応、これがシッポを出す穴なんですね」




店員さんはシッポを出す為にあいている穴を指さしながら、

そのTシャツが犬用である事を丁寧に説明してくれたのだが

もう勘弁してくれませんか?

私は、心無く「気付きませんでした」とだけ言い残し店をあとにした。

恐るべし原宿。




 
 
 
 
私は会社に入るまでほとんどパソコンに触れた事がありませんでした。

しかし、タイピングソフト「特打」で練習したおかげで、

今では手元を見る事なく軽快なリズムでタイピングできるようになりました。

ブラインドタッチというやつです。

これは、ブルーカラーがほとんどの会社においてかなりの衝撃だったようです。

エクセルの数式及びマクロ的な部分を習得した事もあり

今ではパソコンと言えば私みたいな、図式が形成されつつあります。

非常に喜ばしい事ではあるのですが、そんな私にも、どうしても解決できない問題があります。

それは、タイピングの際に誤入力が非常に多いという事です。

理由は私の手がでかすぎるから。

バスケットボールを片手で持てたり、Dカップが余裕でフィットしちゃうくらい手がでかい。

コレはもう、努力して何とかなるものではありません。

会議用の資料を作る時、ブログ記事を打ち込んでいるまさに今も、

キー2個同時押しの嵐。

見るに耐えない誤入力が目白押しなのです。

例えば「こんにちわ」と打つ際、

本来konnitiwa→「こんにちわ」と、なるべきところ

(j)konni(u)t(r)iw(e)a→「jこんにうtりうぇあ」ってなったりするわけです。

どこまで指がでかいんだって話ですけど、結局のところ私がデブなのがいけないと思うんです。

結婚指輪とか指に埋まってますもん。

ベルトじゃなくサスペンダーにしようかなとか思ってるくらいおなかがパンパンなんです。

そんなデブがパソコンにかじりついて猫背でカチャカチャとタイプしてるわけです。

そう考えると逆に俺ってすげー器用なデブなんじゃねーかなんて思ったりするわけなんですが、

素直に痩せようと思います。
 
 
 
 
TOP
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。