上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
私はクラスで浮いた存在だった。

教室にいても誰と話をするでもなく、いつも一人だった。

授業中、休み時間、お昼など、まわりから話かけられる事はあっても

私の方からみんなに話しかける事はなかった。

無視されていたわけではない。

いわゆる「いじられキャラ」というやつだ。

みんなには悪いなぁと思いつつ、そんな微妙な距離感が好きだった。






ある日の事、突然クラスメイトが増えた。

「エリカ」という名の女の子だった。

エリカは口数こそ多くはなかったのだが、人懐っこい性格で

すぐにみんなと打ち解けた。

私はそんな彼女にちょっとだけやきもちを焼いた。






エリカは、私の近くにいる事が多かった。

どういう理由なのかはわからないが

ただ気づくとエリカは私のそばにいた。

「できてんじゃねーの。こいつら」

トシオが一緒にいる私達を見てそう茶化した。

私は、恥ずかしくて堪らなかったが、エリカはまんざらでもなさそうだった。






ある日の事。

私は帰りのホームルームの際に寝てしまったらしく

目を覚ますと、クラスには誰もいなかった。

私は無意識的にエリカを探していた。

彼女が来て一週間が経ったあたりからだろうか、

私はエリカの相手をするようになっていた。

相手と言っても、お互い無口なので仲良く会話するというわけではない。

ただ嫌がらずに彼女と一緒にいるだけの事だった。

でも、私はそれが楽しくてしかたがなかった。






教室には誰もいない。

エリカはどこへ行ったのか

私の頭はエリカでいっぱいだった。

目を閉じるとエリカの笑顔が思い浮かんだ。

キュンと胸が締め付けられる。






はやくエリカに会いたい。

そう身を乗り出そうするが、なぜだか体が動かなかった。

背中にずっしりとした物体が覆いかぶさっているようだった。

あたたかくて、やわからかい感触

そしてとても重い。






それはエリカだった。

エリカが私の上に乗っていたのだ。

いや乗っていたというより、私をベッドにして寝ているようだった。

私は、たまらず大きい声を出した。


「キー!キーッ!」


私の声が教室に響く。

すると、その声を聞いた担任のサカモト先生がやってきた。

「あらあら、仲がいいこと」

先生は私たちの入っているケースの中に手を入れ、

眠っているエリカを持ち上げ隅っこの方にそっと置いてくれた。

そして新しいエサを入れてくれると、機嫌よく職員室へと帰っていた。






エリカは、おがくずの上が居心地悪いのか

寝ぼけながらもぞもぞしている。

いてもたってもいられなくなった私は、

大好きなひまわりの種には目もくれず

とっとこエリカの元へと、かけよった。


erika2.jpg

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
―――ある別れ話の一節

「わかってるの、悪いのは私の方だって事は…。あなたといるとね。落ち着くし、本当に好きだよ。でもね、それって…お兄ちゃんを好きって気持ちと同じだって気づいたの…」





これは、私が大学生の頃付き合っていた女性から言われた別れ話の一節である。

皆さんは、この一文をご覧になってどう思われただろうか?

どうせおまえが情けない男子だったんだろ、と思ったのか、はたまた、

なんてわがままな女子なんだ、と思ったのか。



おそらく大概の方が、前者的な感想を持ったと思う。

どういう付き合い方をしたらそんな振られ方をするのか、

情けないのは気持ちというより、粗品的なアレの方だったんじゃないのか、

そう思われたと思う。



今となっては事の真相を知ることはできないが、

この当時の私はこう思っていた。

彼女にとって私が「お兄ちゃん」という存在である限り、

私は「妹」である彼女と付き合ってはいけないのだ、と。

無意識的にそう思っていた。





だって兄妹で付き合っちゃいけないからね。





お兄ちゃんというフレーズは相手があまり傷つかないし、しかもその原因を相手に転嫁できる。

男性側はお兄ちゃんという言葉を聞くと不思議と自分に責任があるように感じてしまう。

実際の原因が女性にあったとしても、お兄ちゃんというフレーズに妙に納得してしまうのだ。


 

しかし、もしこれが男女逆の立場だったらどうだろう?





「わかってるよ。悪いのは俺の方だって事は…お前はすごく暖かくて、すごく優しい。お前といるとホントに落ち着くよ。今でも好きって思う…でもな、それって…お姉ちゃんを好きなのと同じ感覚なんだよね…」




いやいやいやいや。

付き合っている彼女に「お姉ちゃんみたいだから付き合えない」って、そんな別れ文句はないよね。

一部の方を除いて「お姉ちゃん」と「彼女」は絶対に結びつかない。

「お兄ちゃん」と「彼氏」も同じだ。

付き合う前の段階ならまだしも、少なからず半年以上は付き合った後に

お兄ちゃんみたいだから付き合えないってありえないでしょ。

おそらく彼女が私に言い放った「兄妹みたいだから付き合えない」

っていう別れ文句はウソだったのだと思う。




いずれにせよ、今更どうこう言っても私がふられたのは紛れもない事実で

その当時の彼女が返ってくるわけでもない。

もちろん後悔なんて微塵もないわけだが、今回の話で唯一残念なのが

私が一人っ子だという事である




TOP
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。