上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






今年も残りあとわずかとなりました。


師走という言葉があるように、


みなさまにおかれましても、


年末の忙しい日々を送っている事と思います。


中でも大変なのが大掃除ではないでしょうか。


日頃から部屋をきれいにしていれば


それほど手間はかかりませんが、


私のようなめんどくさがりはいつも一気にやろうとしてしまうので


それはそれは一大事なのです。


家中の部屋をひっくり返して


いる物といらない物、すぐ使う物と後で使う物など


仕分けしていくのですが


中には処理の仕方が難しいものがあるので困ってしまいます。


それは、使おうとしても、思い通りにはならず


しまっておこうと思っても、いつの間にか出てくる。


いっそ燃えないゴミで捨ててしまおうかと


箱に詰めてはみるのですが


不思議な事に


どうしても捨てる事ができないのです。










mnotk.jpg


スポンサーサイト






おそらく年齢は40代前後


性別は男性


一般的な家庭で育ち


比較的テレビを見ていた


そんな方には


おわかり頂けると思う。










sdwtwotk.jpg


みなさん、お元気ですか?









最近、街に出ては道行く人に声をかけている。


今日はサラリーマン風の男性に声をかけた。


すると男は私の前にやってきて頭をなではじめた。


「お前は気楽でいいな」


男は私の顔をのぞきながらそうつぶやいた。


仕事で嫌な事でもあったのだろうか。


男はひとしきり私の頭をなでると駅の方へと歩いていった。


なんとなく男の表情が明るくなった気がした。






次に派手な格好をした女性に声をかけた。


女性は私の前でしゃがみこむと


優しい手つきで私の体をなでてくれた。


時間からするとお店へ出勤する前だろうか。


派手な服装とは裏腹にやさしい雰囲気の女性だった。


「じゃあ行くね」


そう言うと女性は夜の街へと消えていった。


女性は終始笑顔だったが、どこかさみしそうだった。






私は時間ができると街に出ている。


そして疲れた表情をした人に声をかけるようにしている。


それが役に立っているかはわからないが、


私と会った人はみんな明るい表情になってくれるから


できるだけ多くの人とふれあいたいと思っている。


いつか


どこかの街で


あなたにも声かけるかもしれない。


そうしたらほんのちょっとの時間でもいいから立ち止まって欲しい。












hnswkkotk.jpg
TOP / NEXT
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。