上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショート。


+++




会社で忘年会があり飲んできた。
その中で年賀状の話になった。私に関して言えば、今年は身内で不幸があった為、年賀状行事はないのだが、忘年会という事もあり様々なネタ的な話が続出した。それぞれが思い思いの年賀状ネタを披露していった。喪中である私は、ネタを提供する事無くうんうん頷きながら話を聞き入ったのだが、一つ面白い話があったのでここでご紹介させて頂こうと思う。普通に紹介するのもあれなのでランキング形式で発表させて頂きます。


では。わが社におけるおもしろい年賀状の出し方、第3位。




「宛先を始め挨拶文全てをフルひらがな。」




結果:やや受け。
ほんとにやっているのかよ。という突っ込みを受けやや受けに終わる。実際に全ての文がひらがなの年賀状を受け取っても大して笑いも取れぬまま「そういう人なんだ」で終わる可能性大。


続いて、わが社におけるおもしろい年賀状の出し方。第2位。






「(自分の名前と住所を書くところに)『名乗るまでもないが、そこまで言うなら教えてやろう。俺の名はジャックバウアーだ』と書く」




結果:ややすべり。
内容は面白かったのだが、説明が長すぎた。24知らない人はポカーンってなったわけだが、ボディブローのように後からじわじわ笑いがこみ上げてきたので2位とさせて頂いた。


最後に、わが社における面白い年賀状の出し方第一位は




「子供のちんこの写真を撮り『こんなに大きくなりました』と書く」




結果:宴会の場が笑いに包まれる
子持ちの社員にとってはこの上ないネタの提供となり、宴会の場が大いに盛り上がった。これを発表した社員(34歳♂)はリアルにこのネタで年賀状を出したと言っていたが、ソレはさすがに無いとみんなが思っていたはずだ。


と、まぁ私達の忘年会は大体毎年こんな感じで振られた話題にそれぞれが答えていく、という流れが少なくない。大喜利形式な問答に非常に盛り上がるのだが、2次会のカラオケでは全くと言っていいほどテンションが下がるのも常である。これもまた恒例の事である。まぁ男だけの忘年会なら致し方ない事なのだが。




+++
(終)
NEW / TOP / OLD
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。