あなたは猫と仲良しでしたね。

ぽかぽか日向ぼっこをしたり、猫を体に乗せて寝たり

いつも一緒でした。

でも、あなたが入院してから

猫はずっと一人でした。

夜になるとあなたの帰りを待ちわびて鳴くんです。

なーお。なーお。

どこに行っちゃったの?早く帰ってきてよって

寂しそうな声で泣くんです。

しかし、猫の想いも虚しく

結局、あなたは廃車になってしまいました。

猫はあなたが帰らぬ車になったという事実を、

未だに受け入れていません。

新車が来てから、もう1ヶ月以上経つのに

ずっと不貞腐れたまま。

近くには行くんですけど

絶対、上に乗ろうとしないんです。



good by


NEW / TOP / OLD
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO