闇に身を潜め

耳を研ぎ澄ます

ここまで緊張感のある仕事もそうないだろう

空気と同調する、と言ったら幾分言い過ぎのような気もするが

相手に己の存在を察知されてしまったら全ては水泡と化す

息を殺し、じっとその時を待つのだ

結果が全て

失敗は許されない

速過ぎても遅過ぎても駄目

ここぞ、というタイミングで仕掛けなければ

すべってしまうから






fd.jpg
NEW / TOP / OLD
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO