上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ky.jpg

 
ある日、夜中に目が覚めたんだよ・・

ふと見ると枕元に長髪の女の子の霊がいたんだけども、

眼孔が黒く落ち窪んでて、凄い憎憎しげに睨んできてるんだよね。

んで、可愛い声で口をニヤリとさせて「死ね・・・・死ね・・・」とつぶやき続けてるの。

確かに目が真っ黒でキモ怖かったけど、

寝ぼけてたのもあって、思わず彼女の腕を掴んでしまったのよ俺。

すると、彼女は「きゃ、な・・何するの・・!」と思いっきり慌ててさ、

その瞬間に目も可愛らしいちゃんとした目に変わったわけ。

その顔が凄く可愛くてさ。

寝ぼけてたのもあって思わず「か、かわいい・・」と呟いたんだよ。

その瞬間だよ。いきなりグーパンチ。

幽霊にグーパンチされたのって俺くらいじゃないか?

一瞬で眠気が覚めた俺に、白磁のように白い肌を朱に染めて、

「し、死ね!死んじゃえっ・・!」と叫んで消えちゃった。

それで終わりかと思ったんだけど、次の晩も俺の枕元に座っている。

「死ねぇ・・死ねぇ・・」ってね。

んで俺が「全然怖くないんだけど」っていうとプンプン怒って殴ってくるのよ。

そこで俺が「そんなに可愛い顔を怖がれるかよw」って言うと、

とたんに「な・・・・っ!」って顔が真っ赤になって硬直するんだよ。まじ可愛い。

その日はそのまま逃げるように帰ったんだけど、それからも毎晩彼女は現れた。

寝たふりをしてると、俺の頬を突ついてつまらなさそうにしたり、

しれっと布団に入って来ようとするんだけど、

俺が「何やってんの?」と急に起きた時の慌てようと言ったら。

何か自分は低体温だから凍え死なせる為だとか、

何だかんだと言い訳が良く出て来るもんだ。

結局最後は俺が「しゃあねぇな。じゃあ入れよ」って言って布団を開けると、

一瞬うれしそうな顔を浮かべた直後、「し、仕方ないわねっ・・!」とむくれ顔。

で、なんだかんだで、寝つく頃には布団の中で俺の胸にしっかりしがみついて来てます。

マジで可愛すぎますこの子。

+++
(終)
NEW / TOP / OLD
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。