上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブル時代も今は昔。

現在の社会は、我々サラリーマンにとって非常に風当たりの強い時代に突入しています。

私たちはそんな時代を体一つで生き抜かなければなりません。

一応、私も社会人のはしくれです。

完璧ではなくとも、志だけは高く持ち続けたい、そう、常々思っているわけです。



もちろん小難しい話をする気はさらさらありません。

コンビニでこの類のビジネス書を読むようになってから、そんな気になっているだけであって、

とにかく、時間が許す限りビジネス本をよく読んでいるという事です。




もちろん買いません。

立ち読みで、しかも仕事中に済ませてしまう事が少なくありません。

この時点で、社会人として失格しているという事は自覚しているわけですが、

私が皆さんに伝えたい事はそんな事ではありません。



「危機管理」という言葉をご存じでしょうか?

いきなり本題に入りましたが、この危機管理という言葉はどのビジネス本にも必ず載っている

超重要ワードなわけです。

意味はそのまま。危機を管理する事です。




仕事をされている方なら「スケジュール管理」という作業は常日頃行っていると思います。

月単位から始まり、それを週単位に細分化し、さらに一日、時間単位と事細かに

予定をたてらていると思います。私はしていません。




「危機管理」というのは、そのスケジュール管理の一つ二つ先を読む事です。

つまりはスケジュール管理で行った時系列的な予定の中で起こりうる

危険(リスク)を予見し、またそれ回避する為に行う「先手」的な管理の事。

ざっくりとこんな感じです。




一つ例を挙げて考えてみると


+++++++++

 朝、部屋のそうじ

 昼、買い物

 夜、食事(外食)

+++++++++


みたいな予定があった場合、

8時に部屋のそうじを始め洗濯物まで干しておく、

12時にはスーパーのタイムセールに間に合うよう買い物に出かける。

夜は18時に予約してある夜景の見えるイタリア料理屋でささやかなお食事会をする。

というのが「スケジュール管理」




一方「危機管理」というのは、

掃除の途中でアルバムを広げて作業が中断してしまわないようにする為にはどうしたらいいか、

タイムセールで商品を取り損ねないようにするにはどうしたらいいか、

料理を注文する際メニューが全てイタリア語だった場合どうやって切り抜けるか、

を事前に考えておく事になります。




よくありますよね。

掃除中にアルバムや写真を見出してそれが止まらなくなり、全然部屋が綺麗にならないとか、

タイムセールに行っておばちゃんのヒップアタックに吹っ飛ばされて前にいけないとか。

そういった事態に陥らないよう、写真を破り捨てて見れないようにするとか、

ヒップアタックに負けないよう足腰を鍛えるとか、

前もってしておく事が重要だという事が言えるんですね。





まとめると、危機管理とは、社会人として必要かつ不可欠である事は間違いなく、

むしろ至極当前の行為として身に付けるべくスキルなのである。

この手の本に9割がた登場するこの危機管理というフレーズはまさに、

ビジネスブック界のモーガンフリーマンと言っても過言ではない。

なんて、わかりづらい例えを妄想しながら

コンビニでビジネス書を立ち読みしていた私なのでありますが、

ソレもつかの間、ふと顔を上げると、ガラス越しに見えるのは、なんと上司の車。




そうか、危機管理を怠ると、こういう事態に陥ってしまうのか、

昼休み後1時間もコンビニいると、こういう事態に陥ってしまうのだな、

と身を持って危機管理の大切さを実感した私だったのであります。
NEW / TOP / OLD
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。