上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




その日、私は仕事で東京にいた。

得意先での打ち合わせを早めに済ませ、原宿も竹下通りに向かっていた。

久しぶりの東京に浮かれていた私は、スキップしそうなほどテンションが高かったのだが、

そこは36才2児のパパ、分別のある大人である。

半笑いで早歩きくらいにとどめておいた。




その日の竹下通りは平日だというのに、人でごったがえしていた。

さすが若者の街「原宿」である。

道行く人の9割が10代の若者であった。

しかも千葉で散見するジャージにヘルメットでママチャリ的な若者は皆無、

街はものすごくお洒落な若者で溢れ返っていた。




ソフトではなく、ハードの方のモヒカンの人や、

椎茸の裏っ側みたいなスカートをはいた人。

そんな人達が普通に歩いている。

仕事以外では、ほぼ毎日ユニクロを着用している私である。

歌舞伎スタイルとも言える最先端ファッションは非常に新鮮だった。





今回私が原宿に寄った目的は、子供にお土産を買う事であった。

作業着姿の私はなるべく目立たないように、それらしき店を探した。

そして、通りの中ほどまで行ったあたりで、

おそらく女子が好んで入りそうなかわいらしい雑貨屋を発見した。

道に溢れんばかり商品群。カラフルな色彩。

おもちゃや小物類がきれいにディスプレイされていた。




中でも店の奥に飾られた「子分」という文字がバックプリントされたTシャツが良さそうだった。

きっと息子が着たらめちゃくちゃかわいいに違いない。

あのTシャツを着て私の後をテクテクついくる息子の姿を想像しただけでニヤニヤが止まらなかった。

私は吸い寄せられるようにその店に入っていった。





そして店内にいた女子群から汚物を見るような視線をビシビシと浴びながら

私は目当てであるTシャツエリアにたどり着いた。

お目当てのTシャツを手に取ってみる。やはり可愛らしい。

3色あるカラーバリエーションの中でも、濃紺に白字で「子分」と書かれているタイプが気に入った。

文字の感じが毛筆っぽいのも私好み。

あとはサイズを確認して会計を済ませるだけだ。

私は、レジの店員さんにサイズを聞いてみる事にした。






私 「あの、すいません」

店員 「はい」

私 「このTシャツのサイズ゙を教えてもらいたいんですが」

店員 「いいですよ」

私 「この子供服なんですけど、95のサイズってあります?」

そう言って店員さんにTシャツを手渡すと、

予想だにしない言葉が返ってきた




「これ犬用なんですけど。」




全てが終わりをつげた瞬間だった。

店員さんをはじめ、会計で並んでいた女子達もみんな笑っていた。

恥ずかしい、いや、超恥ずかしかった。




店員 「一応、これがシッポを出す穴なんですね」




店員さんはシッポを出す為にあいている穴を指さしながら、

そのTシャツが犬用である事を丁寧に説明してくれたのだが

もう勘弁してくれませんか?

私は、心無く「気付きませんでした」とだけ言い残し店をあとにした。

恐るべし原宿。




 
 
 
 
私は会社に入るまでほとんどパソコンに触れた事がありませんでした。

しかし、タイピングソフト「特打」で練習したおかげで、

今では手元を見る事なく軽快なリズムでタイピングできるようになりました。

ブラインドタッチというやつです。

これは、ブルーカラーがほとんどの会社においてかなりの衝撃だったようです。

エクセルの数式及びマクロ的な部分を習得した事もあり

今ではパソコンと言えば私みたいな、図式が形成されつつあります。

非常に喜ばしい事ではあるのですが、そんな私にも、どうしても解決できない問題があります。

それは、タイピングの際に誤入力が非常に多いという事です。

理由は私の手がでかすぎるから。

バスケットボールを片手で持てたり、Dカップが余裕でフィットしちゃうくらい手がでかい。

コレはもう、努力して何とかなるものではありません。

会議用の資料を作る時、ブログ記事を打ち込んでいるまさに今も、

キー2個同時押しの嵐。

見るに耐えない誤入力が目白押しなのです。

例えば「こんにちわ」と打つ際、

本来konnitiwa→「こんにちわ」と、なるべきところ

(j)konni(u)t(r)iw(e)a→「jこんにうtりうぇあ」ってなったりするわけです。

どこまで指がでかいんだって話ですけど、結局のところ私がデブなのがいけないと思うんです。

結婚指輪とか指に埋まってますもん。

ベルトじゃなくサスペンダーにしようかなとか思ってるくらいおなかがパンパンなんです。

そんなデブがパソコンにかじりついて猫背でカチャカチャとタイプしてるわけです。

そう考えると逆に俺ってすげー器用なデブなんじゃねーかなんて思ったりするわけなんですが、

素直に痩せようと思います。
 
 
 
 
 
 
 
みなさんは、携帯電話に未登録の番号から着信があったらどうされているだろうか?

「気にせず出るのか」もしくは「無視して出ないのか」

私は、いつも迷う事なく後者を選択している。

その理由は「怖いから」という単純な理由からである。

誰しも一度は経験があると思うのだが、知人にしか番号を教えていないのに

いきなり全然知らない番号の着信があると、かなり怖い。

少し前に「ワンギリ」なんてのが巷を賑わせていたが、

突然「06」から始まる番号の着信があったらまじでビビる。※ちなみに、「06」は大阪方面の番号。

それ故、知らない番号の着信があったら無理やり「変な名前」で登録して、楽しむようにしている。

これは、かなりオススメだ。

この前も、変な着信があったので自分で勝手に名前を登録したんだけど、

数日後に「着信アリ 貞子」とか画面に出ると、自分で登録しているのにもかかわらずケツが浮く。

貞子の他にも色々登録している。

現在、私の携帯に登録されている名前は「高木 ブー」、「志村 けん」、「いかりや長介」と、かなり豪華。

これに「カトちゃん」が加われば全員集合になるところでぴたっと止まってしまっている。

そして登録した番号は、基本的にそのほとんどが1回だけの着信で終わるのだが、

この前、久しぶりに2回目の着信があった。

ちょうどお昼ごろ「安倍○三」からの電話だった。

彼の名前が出ている携帯画面を見ながら「お昼どきにすいません。政権を奪還した安倍○三です」なんて言うのだろうか、

とか妄想しながら気持ち悪い笑みを浮かべていた私はもちろん、その着信を放置。

しばらくブルったのち、切れた。

「すまん安倍君、今大事な昼飯中なんだ」と、適当に流していた。

夕方、何気なく携帯を見ると、留守電のマーク。

安倍君から電話があった事など、すっかり忘れていた私は何の躊躇もなくソレを再生した。





「メッセージは1件です
  ――― あ、俺ですけど、この前の振込みの件、3日後くらいには金の工面がつきそうです… 
      また、連絡します   ピーーーー 」




どうやら安倍君は私から金を借りたらしい。

もちろん全く持ってそんな事実はないのだが、とにかく安倍君のテンションは、はんぱなく低かった。

その後、安倍君から電話はかかってきていない。

私は非常に心配である。

それは、彼がちゃんと金を返せたか、という事ではなく

安倍君の正体が、私の知人もしくは友人ではないかと、いう事である。

もし心当たりのある方がいたら、ご一報頂きたい、金はないけど。



 
 
 
タバコをやめた。

多分そう言って間違いはない。

最後に吸ったタバコは値上がりする前日の夕方。

2010年の9月30日だか31日だか、その辺から絶賛禁煙中なのであります。

ここで私が言いたいのは「自力で禁煙成功した俺ってすごくない?」って事ではなく

「タバコを止めると太るって話は本当で、3ヶ月で7kg近く体重が増えてて

体重計に乗ってすごくびっくりしたんだけど、実際タバコを止めた事が自分にとって

プラスかマイナスかって考えたら若干マイナスなんじゃねーかな」

という結論に達した事であります。

まあもともとデブなので、周りからはタバコを吸うデブからタバコを吸わないデブ

に移行したくらいにしか思われてないかもしれないんですけど、それでもやっぱり

なんか釈然としない思いがあるわけです。

もう一回言いますけど、私はデブです。いやデブでした。

2年間ダイエットした末、20kg近く痩せたんです。

105kgのデブ体型から85kgのぽっちゃり体型にまでになったのです。

それがどうでしょう

タバコをやめた事をきっかけにまたぶくぶく太りはじめ

現在92kg

もうなんだかよくわかりません。

「タバコを吸うデブ」という最低な状態からダイエットで「タバコを吸うぽっちゃり」になり

続いて禁煙により一瞬だけ「タバコを吸わないぽっちゃり」にランクアップし

あと一歩で「タバコを吸わない普通の人」になれるところで

暴飲暴食が再発し「タバコを吸う肥満分子」になって今に至るといった感じ。

どうやら私はデブかタバコどちらかは持ってないとダメなようです

いずれにせよ早死にする運命なんでしょうね。うーん・・・
 
 
 
 
 
ぷっ



「うわっ、くさっ!!」

「あ、すまん」

「おい!屁をこくなら外でこけよ。めちゃくちゃ臭いぞ!!」

「ごめんごめん油断してたらぷって出ちゃった」

「一体なにを食ったらこんな臭い屁がこけるんだよ」

「いや、別に大したもんは食ってないんだが、さっきから腹の調子がおかしくてな・・・」

「痛むのか?」

「ああ、昼飯を食った後からどうも腹の居心地が悪いんだ」

「お前まさか、毒を盛られたんじゃねーか」

「変な事を言うんじゃないよ。俺が毒盛られるわけないだろ・・・痛つつ」

「ほら、やっぱり毒を盛られたんだよ」

「いや、ただ腹を下してるだけだって」

「て言うか、お前最近お上とでかい契約を交わしてただろ?」

「ああ。先週お上と上納鍛冶の契約を交わしたが」

「それだよそれ!契約金額はいくらだ?」

「300両とちょっと」

「間違いない。やっぱりお前は毒を盛られたんだよ」

「それだけで?俺が?」

「ああ絶対そうだよ。300両っていったら、向こう5年は軽く食っていける金額だ。お前がお上と契約したって事は、それまで鍛冶を上納してた奴らの食いぶちが無くなるわけだから、お前が命を狙われていてもおかしくはない」

「考え過ぎだろ」

「馬鹿!何のん気な事言ってんだよ。300両だぞ300両、今までの小銭稼ぎとは額が違うんだよ!」

「ふっ、心配してくれる気持ちは有り難いが、俺のような小物が狙われるとはどうも思えんな」

「いいから、うだうだ言ってねーで早く医者行ってこい!!ここの勘定は俺が払っておいてやるから」

「おいおい、頼んだ酒もまだ来てないのに」

「死んじまったら酒も飲めないよ。ほら早く!行った行った!」

「おい!押すなよ。わかった、わかった行くよ」



+++



まったくあいつの心配性には困ったものだ。
眉毛を吊り上げて「しばらくは山道の一人歩きは避けろ」なんて言いやがる
と言っても医者に行くには山を一つを超えにゃならんっていうね
どっちだよ!みたいなwww



ぎゅるるるるる・・・・



痛つつ、まあ、俺みたいな奴でも心配してくれる仲間がいるのは本当に有り難い事だ
この腹痛は、多分っていうか間違いなく下痢だと思うけど
一応医者に見てもらってあいつに安心してもらおう
もし、襲われたら襲われたで返り討ちにするまでだ
お上に見初められた自慢の真剣でバッタバッタと相手を切り倒すま・・・ううっ





ぶおっ!!!










BACK / TOP / NEXT
●トナリグミ  ●Author→組長

  ●Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。